tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Copyright Tomomi Yatsuda 2009-- All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.


by tomomiyatsuda
プロフィールを見る

2011個展@山猫軒 お知らせ


個展「遠くの水たまり」

2011.9.2(金)-10.30(日)

ギャラリィ&カフェ山猫軒
埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷137-5
OPEN
金曜・土曜・日曜・祝日
am11:00 - pm7:00
b0167963_11215241.jpg

※展示の様子写真を掲載したので、この記事の作品写真は控えました。悪しからず。(9/3)

一昨年以来2回目となる、山猫軒での個展がはじまります。

今回の展示は木製パネルに描いた作品とは別に、新聞紙をミキサーにかけ、水に溶かし自分で漉き直した紙に、蜜蝋を使って絵を描きました。

山猫軒は山の中にあるギャラリーメインのカフェです。立地も建物も雰囲気もとても素敵な場所です。
周辺はカーナビに道が載らないそうなので、道をよく確認の上山道にお気をつけて。
電車からの場合、最寄りの越生駅からはバスと徒歩、もしくはタクシーという場所ですので、作品鑑賞+ハイキング気分でおいで下さい!

以下、作品制作中に考えていた事をつらつらと書きました。



数ヶ月前、震災のショックと未だに続く津波被害や原発事故の影響などある中、友人に子供が産まれました。産まれて間もない赤ん坊を見て、その存在が不思議でたまらなくなりました。
隕石落ちて化学反応が起きてという生物の誕生に関しての理解は未だ謎であるし、究極の偶然が起きているにもかかわらず、今目の前に居る存在は確かなものだということに、今までと違った衝撃をうけました。もちろん、誕生の反対も含めてですが。不思議でしかありません。
すべての存在に理解なんてできていないのに、机上の論で完璧と言い張ることがどんなに愚かな事か。と、愚かな私も思うのです。

漉き直した紙に偶然できた凹凸に即乾の蜜蝋が凸部分だけに乗ったり、逆に塗って削って凹部分だけに色を残したり、引っ掻いて描いたり、アイロンで溶かしてのばしたり。意図しているのとはまた別の形や表情が現れます。
描くものは目に見える存在ですが、漉いた紙と蜜蝋の感触が、なんだか赤ん坊を見た時の感覚と似ています。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2011-08-19 18:15 | NEWS