tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Copyright Tomomi Yatsuda 2009-- All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.


by tomomiyatsuda
プロフィールを見る

カテゴリ:DAILY( 119 )


すっからかん脳


ずっとどこかに閉まってあったらしい脳に交換され産後早10ヶ月。
久しぶりに創作意欲の塊のような友人と話をしたら、自分の脳がすっからかんな事に気がつく。
これほどの脳の変化は想像していなかったけれど、自分の事は出来ない覚悟していたからそこまでの焦りは今のところ無い、この先の事はわからないけれど。
ほどよいフラストレーションを溜めながら、時が来た時にちゃんと制作としてそれらを出せるようにしたい。
しかしまぁこの脳、とにかく穏やかじゃないんだ。コントロールが難しい。ほぼきかない。

だけど子の動きや表情は面白い。
肌はきめ細かくて柔らかい。ずっとくっつけていたいくらいだ。
母と子の相関関係は身体の面でも精神面でもあって、それは他人の言葉では知り得なかった、ちょっと静かに衝撃を受けている。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2016-09-02 21:17 | DAILY

ばればれ自画像


b0167963_2232027.jpg

今はこんな顔↑してるつもりだけど、本当はこう↓
b0167963_2232999.jpg

b0167963_2233736.jpg

b0167963_2234625.jpg

b0167963_2235296.jpg

b0167963_224274.jpg

b0167963_224829.jpg

b0167963_2241459.jpg

そうだった、私は自分ではかなり真面目に過ごしてきているつもりでも、結局は高校時の先生には一人暮らしすると言えば「生活できるのか?白骨化して発見されるんじゃないか?」と心配され、兄には「生活している姿が想像つかない」と言われ、どんよりやっていた様子を見ていたはずのある人には「飄々としている」と言われ。友人には「子供できても育てられないよ、それじゃ」と言われ、子供できて育てていても「想像がつかない」と言われ、そうだった、そうだった、そうなのだ。

無理してみんなみたいに立派なフリしたって、立派じゃないのばればれなんだから、そのままヘニャヘニャでいることを忘れないでいよう。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2016-07-13 22:26 | DAILY

ご報告


制作に関係ないようで関係あると思い、書く事にしました。

去年結婚し、現在妊娠6ヶ月。なにしろ初めて続きで「無理をしない人」になっています。
こんな生き方もあるのねと、何かと戦う必要のない環境を有り難く感じてもいます。
それと同時に、特に本気で描くことが無いというか、今まで反吐の代わりが描くことだったんだな、という風に振り返られていて、だから自分は一旦終了したような気がしています。ヤツダしゅ〜りょぉ〜。

今までと同じようなのはもちろん描けると思いますが、それは手が覚えているだけの事なので、出来上がったものは自分にとって面白いものではないかもしれません。でも、そういう惰性作品も制作し続けていくことも結果的に重要なのかもしれないとも思います。でも、今描く気にならないというのが本音です。

そしてしばらく、制作と展示が出来なくなる期間へ突入したと覚悟して、とは言っても不平不満は出てくるとは思いますが、それを誰かのせいにしないで工夫していけたら良いなと。なんたって、ヤツダは一旦終了したので、それを引きずってはいかんのです。と、自分に言い聞かせるのです。
、、とまぁ、そんなところです。

余談なのですが、生活の比重が重くなるにつれ、(腑に落ちない)現代アートが好きではなくなっています。
(モノマネではない)絵は変わらず好きなのですが、(腑に落ちない)現代アートに冷めてしまったみたいです。
でも(腑に落ちる)現代アートは凄いと今でも思います。あと第一人者ももちろん凄い。
環境で変化する趣味思考を固定させることなく、その時はそれが本当、なのでそれに敏感でありたいものです。超余談でした。






[PR]
by tomomiyatsuda | 2015-06-18 12:41 | DAILY

2015年(平成27年 )


遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
昨年は、年始に個展を山猫軒でやらせて頂いたことが遠い記憶となるくらい、即決速攻とはこのことか、私生活面でいろんな事があった(祝)1年でした。※とても似ていますが(呪)ではありません。
それと一昨年に作ったZINEの販売が、昨年に意外にも反応があり嬉しかったです。
次の新作ZINEも考え中です。引き続きこちらもよろしくお願いします。

簡単に現在の状況ですが、20代ずっと(今となって気づくのは、結果的に自分で作り上げていた)呪いの言葉や記憶に縛られていて、毎日それらが頭を フッフッ とよぎっては ズンッ となる日々でした。
で、この1年でそれらが更新されました。
(と同時に、次のステージが想定されますが、未来を過剰に心配するのは今がもったいないので、心配したり不安がらないで、心の準備だけはしとこうよと、自分に言い聞かせてます。)
何の告白でしょうか。。
そんなことは、どうでもいいのです!
いいのです!
大人になると、言い訳とか振り返ってどうこうってのが多くなって困ります。
四の五の言わずにさっさとやれ自分!な未年にしたいと思います。(新年の抱負)


b0167963_2133109.jpg
                      ハワイ島 ダニエル イノウエ ハイウェイより( 2014年8月撮影)











[PR]
by tomomiyatsuda | 2015-01-08 21:34 | DAILY

トーン


b0167963_23454914.jpg

夜中にブログを書くのは偏り気味でとても危険なのですが、ブログ更新停滞気味だったので書いてみようと思います。
最近の日常の報告としては、生活面で、今までに無い程の変化モリモリ盛り沢山な年となっています。
どんなけ今まで一般的な現実から離れて過ごして来たのかを、思い知らされているような。
20代ただただバイトと制作の繰り返しをしてきたリズムが、今はトーンと飛んでいて、また新たにリズムを刻みだすのをむずむず待っているような感じです。





[PR]
by tomomiyatsuda | 2014-09-23 00:43 | DAILY

見えないコミュニティ


b0167963_01002634.jpg

近隣にある注目されていた商業施設が器は立派なのだけど、中身がついていかずなかんじで、今非常にヤバい状況という噂を耳にした。
出来たての頃、すごくワクワクした。その分、がっかりが大きい。
「やっぱりな」という人がほとんど。でもそれも悲しい。私は「やっぱりな」とは言えない。

この片田舎に、トーキョーの価値観をただ移動しただけでは、うまくいかないという教訓なる実態。
私がトーキョーに住んでいた時にうっすら感じていた違和感。上辺感。これで本当にOKなのか?これが本当にカッコイイのか?これが本当に美味しいのか?今最も、なのか?言葉巧みにごまかされているような気さえする〜という世界。
それが、ここで起きていた。ということかもしれない。
それでも、トーキョーには本当のものも沢山存在しているし、自分のアンテナがしっかりしていれば素晴らしい人達と繋がりやすい。

噂とともに、そこはナルシシスティックな商業施設、という表現が見事言い当ててて笑ってしまったのだけど。
私の知る限りでも、地元カフェなど店主の顔がはっきりしているお店同士の横の繋がりはかなりある。
良いもの(人)は良い。それでだいたいどんな土地でも繋がっていく。
そして、この商業施設は核になる可能性を秘めていたけれど、車移動1時間圏内のこの見えないコミュニティには入る事ができなかったのだろうと思う。
いいとこどりだけで、基板をしっかり作らなかったのかもしれない。片田舎をなめるでない。

私がどうこう言えるような何かを成し遂げた人間ではないから、こんなことをいちいちブログに書くのもどうかと思う。でも、この間違いない「うっすらある違和感」というのは、こんなにも大きな事態を巻き起こすのかというショックから記録を。



[PR]
by tomomiyatsuda | 2014-05-11 02:11 | DAILY

個展終了しました


b0167963_22185316.jpg
2014年3月2日で、ギャラリィ&カフェ山猫軒での個展「遠くのみずたまりⅡ」は終了しました。
記帳を見てびっくり、遠方からたくさんの方が観に来ていただいていたようで、本人不在で申し訳ありませんでした。
みなさんありがとうございました。
「深海住人シリーズ」「Dear HIROSHI」「遠くのみずたまりⅡ」の3つのシリーズを展示しました。Dear HIROSHI シリーズは2013年春に大阪此花で展示したものですが、他の作品は新作でした。
個展タイトルにもなっている作品「遠くのみずたまり」を描いて、このシリーズは描ききったと思いました。
日常が絵に落とし込まれていくのですが、その先にいかんとな〜、、と、もう1人の自分が後頭部で言っています。
b0167963_22165607.jpg
Dear HIROSHIシリーズ

b0167963_22174275.jpg
Dear HIROSHIシリーズ


b0167963_22194939.jpg
深海住人シリーズ



[PR]
by tomomiyatsuda | 2014-03-09 22:49 | DAILY

[古楽コンサート] 2014.1.12
b0167963_17110814.jpg

▼ゆきことよしお ( 立川叔男&ツダユキコ )
b0167963_17105977.jpg
▼オープニングアクト
武 徹太郎 (馬喰町バンド)
b0167963_17112729.jpg
▼アンコール
ツダユキコ&武徹太郎
b0167963_17111664.jpg
--

沢山の方にご来場頂き、ありがとうございました!

高速事故渋滞に巻き込まれて、オープニングアクトの予定がエンディングアクト(?)になってしまった武さんも頑張ってくれました。
立川さんと初めて山猫軒でお会いしたのは2009年、それから立川さんは心臓の大手術を経てご本人の言う所の「どうにか生き返った」状態でまた山猫軒でのご縁が結べて、しかも別ルートでユキちゃんと繋がっていたというミラクルが普通に起きていたわけです。




[PR]
by tomomiyatsuda | 2014-01-16 17:27 | DAILY

2014 ご挨拶


b0167963_22373319.jpg
七草粥を食べました。2014年がはじまりました。
年賀状を皆さんありがとうございます。お返事明日には投函できそうです。
スロースタートごめんなさい。
こんな私ですが本年も宜しくお願い致します。

今年も個展を目論みつつ、淡々とパワフルであろうと思います。

余談ですが、昨年末は、すごく心に残る方の魂が急にあちらに行ってしまい、同じ日に大切な友達の元へ魂がこちらの世界にやってきました。
その日、私は普段櫛で髪をとかすことはほぼ無いのに、なんとなく目についたのでなんとなく髪をとかすと、ポキっと櫛が折れ妙な予感のある日でした。
特殊な能力は持ち合わせていませんが、新興宗教との関わりもありませんが、誰にでもどこにでもある巡り合わせが不思議でなりません。



[PR]
by tomomiyatsuda | 2014-01-07 23:00 | DAILY

2013年11月29日からの約3ヶ月間、埼玉県越生町の山の森の中にある「山猫軒」にて開催される個展の作品制作をしている。
毎回私なりの実験をするのが個展の楽しみでもあり苦しみでもある。

一昨日くらいから、展示会のタイトルも決めたいし、頭の整理も兼ねて簡単な言葉にしようと頑張ってみるのだけれど、絵は言葉の先にいるので、やっぱりぴたりと当てはめるのが難しい。
しかも、一般論風の優等生風の鬱風で語彙不足の、非常にややこしくてつまらない言葉になってしまう。もっと、自分の経験等からきているはずなので、何故自分なりの素直な言葉が出てこないのかとヤキモキする。サバっとしてピッカーンてのがあるはずなのだけど。
そして毎回言葉にしてその時はそうだと思っていても、しばらくたって読み返すと、他の人これ読んでも多分伝わってないな、と悔しい思いもする。

私はデザイン科に居たので(結果的に商業用デザインの為のコンセプト作り等についていけなくなったし、絵の方が面白くなってしまった)、大学入学用のデッサン程度は予備校で学んだけれど、その他どこかで絵を習ってきた訳ではなく、つまり先生というのはいない上に、絵を描いている友人も少ない、そして相談できる程の近寄り方をだいたいしていない。と、愚痴っぽくなってみたり。(本当は相談相手が欲しいの裏返しだったりもする)
仕方ないので気分転換に図書館に行き本を読んで、自分の中に潜んでいた考えを導きだす。
実はさっきちょっと「はっ」とする言葉が出てきた。これが活きるかは、まだ分からないけれど。

普段私は声が小さいので、口から牛乳をでら〜とこぼしたくらいの範囲にまとわりつく程度の声帯と空気の使い方なのだけど、今朝はこみ上げて「あー!」と声がまっすぐ飛んでいくような体の使い方をした。
基本的に発狂するのは絵の中だけでいいと思っているのだけど、声にするのも気持ちがいいもんだ。
そもそもなぜ発狂するのかというと、自分の考えがあるくせに世の中にうまく活かせないし言葉にもできず、惨めだったり虚しい思いをしたのが溜まっていたりするのかもと思う。(もちろん、いつも発狂したようなのを描いているわけではない。)
そうそう謎が残る過去のちょっとした出来事とかも、血と一緒に今もドクドク流れているしね。
なにはともあれ、作品制作に一番力入れないと最も惨めな事になる!
[PR]
by tomomiyatsuda | 2013-09-06 17:15 | DAILY