tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Copyright Tomomi Yatsuda 2009-- All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.


by tomomiyatsuda
プロフィールを見る

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


楮 Kouzo


b0167963_20585028.jpg

東秩父村にある和紙の里の和紙工房はいつも見学自由。
何回来ても飽きない場所です。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2010-06-30 20:58 | DAILY

b0167963_2233364.jpg

冬は寒くて身体の調子も良くないし、やっぱり夏だろ!と、思っていたのですが。

いざ 蒸し暑くなって、寝てる時に蚊に刺される日が続くと、湯タンポかかえてぬくぬく寝ていた頃が恋しくなります。

やぁ、でもなんだかんだ言って、田んぼからの涼しい南風が入れば、やっぱ夏だろ!となります。
そういえば日中の、うぁーっめっちゃ紫外線浴びてるー!というのも、紫外線ハイ?なんてのは聞いた事はありませんが、どうでもよくなって気持ち良いもんです。

…多分、どっちでもいいみたいです。

[!]このマークがこんなに多いのも、夏が近づいている証拠です。
こんな話に付き合わせてすみません。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2010-06-23 22:03 | DAILY

いつもみてるもの


たまに過去の旅の出来事を何かのヒントがあるような気がして思い返します。
最近馬を見た影響で、初めての海外旅行で行った内モンゴル、辺り一面草原の中、モンゴル民族の少年と、まったり遊んだ時の事を繰り返し思い出します。
日中、日差しが強いし暑いのでドア開けたままゲルの中にいると少年が遊びに来ました。言葉も通じないし、絵でも描くかと鉛筆と紙を机に置いて「一緒に描けば?」と仕草すると、少年は困ったなぁって顔をして描こうとしませんでした。
おかまい無しに私は色鉛筆使って、目の前にあったろうそくに火が灯った風のイラストを描いて見せると、少年がいきなり興奮しはじめて「お前が描いたのか!?」っていう素振り。
そしたら、少年も鉛筆を手にしてもくもくと描き始めました。
できたのは、馬とゲルの絵。めっちゃうまい。
「描けるじゃん!」と少年を肘で突っついて親指立てて「グゥ!」とやると、照れ笑い。(中国では子供の頭を撫でたりしてはいけないと聞いていたので褒め方がわからないで、ついつい。伝わったので良かった。)
その後少年は、一気に打ち解けて私の頭の上までよじ登ってくる始末、結局体力勝負の遊びになったのですが。
その時思ったのは、毎日見ているものが描けるものってこと。原点は結局ここなんだなっていう確信。

それを忘れずに、今もっと技術的に掘りさげなければならないなと。
デッサンは習ったけれど絵を習った事がない、そんな環境に居た事が無いのでよくわかりませんが、私の周りにいる何かしらやっている友人ほとんどみんな独学なわけで、「だって〜習った事ないんですよ〜」はなんの意味も無いし、むしろ独学だから芯はあるけど枠がない。ってのを感じます。
(がんばろ。)
[PR]
by tomomiyatsuda | 2010-06-09 11:25 | DAILY

お知らせ


地域情報提供のポータルサイト[タウンクリニック.com]にて、紹介ページを作って頂きました。
千田さん、ありがとうございます。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2010-06-06 22:00 | NEWS

馬の日


b0167963_2185949.jpg

今日は馬巡り。
馬にも、ネコとか犬みたいな髭とか目の上にも長い毛がぴよ〜んとあるとは今まで気づかなかったです。
そしてあんなに人懐っこいとは・・・「撫でて〜」と、無言の催促してきます。ほほう。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2010-06-03 21:08 | DAILY

へ〜んなの


次回やる展示の構想段階で 大きなのを作ろうと考えていて、広い作業場が必要になりそうだったので、地元の公民館を訪ねてみました。
施設内を見てまわりましたが利用者の気配は無く、受付では職員が大きなアクビをしていました。

もちろん申請すればすぐ借りられるものと思っていたのですが、なんと個人には貸し出せないと。そういった規約が無いそうで。

構成員が8名以上で地域づくりや地域の活性化を目的として活動している社会教育団体という団体でなければなのだそうです。
8名って人数はどっからきたのかわかりませんが。
地域に住む個人の活動にこういった場が提供されていないのは、地域にとってもいろんな可能性を摘んでしまっているのではないかなぁと思います。

あんなに利用者少なくて、スペースは有り余ってるのに、全部鍵がかかってしまってます。
職員が「個人で利用できるところが11月にできますよ、、有料だから個人で利用できるはず。」だって。
なんで個人だと有料なんだろう。

「じゃ、友達でも誰でも一応8人集めて登録すれば、私一人でここ使ってもいいんですね。」と言ってみたら、笑いながら帰されてしまった。
呆れられたのだろうけど、私はそれ以前に、この理不尽さに呆れたわけです。
常駐者のいる公民館は、もっと開かれるべきだと思います。ちびっこからお年寄り、みんなの溜まり場になればいいし、個人・少人数での活動の人達への場所提供していく事で、そこで個人から団体になっていくものもあるだろうし、それが地域活性化に繋がる、という流れの方が自然な気がします。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2010-06-02 23:44 | DAILY