tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧



フリーペーパーKo-e Magazineにて私も参加させて頂いているCITYPULSE "Made for Japan"が掲載されています。

11月下旬から都内近郊横浜あたりのレストラン、バー、カメラ店等にも置いてあるところがあるそうです。是非手に取ってご覧ください。

大きな事を善意の塊のように言う訳でなくて、その人がその人であることで見えてくる世界があるような、それぞれがそれぞれのかたちで、大きなことができなくても気負う事なくできることがあるというようなことだと思います。

そうそう、4月気仙沼に深夜出発する前、笹塚にあるカフェトホに仕事後ほっこりしに向かうと、よっちゃんとモニカさんがパンとスープを一緒に向かう仲間の分まで用意して持たせてくれました。ものすごく嬉しくて、だるかった体がシャキっとしたわけです。
私たちは美味しいカフェトホご飯を食べて元気をつけて、一日気仙沼でせわしなく動き回り、深夜向こう出発で関東到着そのまま仕事という日があったのですが、その時思ったのは、直接ではなくてもいろんな形のサポートの仕方があるということ。

結果よく聞く話ではあるけれど、よく聞く話は体験すると重みを増します。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2011-12-07 19:57 | NEWS

パキ


展示前は展示のことしか頭にないので、なかなか遠出したり、髪を切ったり、何もしないで陽に当たり続けるとかいう時間ももったいなくていろいろ日常の欲求が溜まるのですが、展示が終わるとダムの放流みたいにドッバーッと欲求が流れ出して3ヶ月くらいで放流も終わり、なんだかわからない焦りに襲われて動き出す、の、繰り返しです。正直効率悪いです。ま、それはいいとして。

最近友人に連れられてパキスタンカレーの店に何回か行き始めたのですが、これがまたヤバいのです。
疲れていても、そこに行くと元気になります。悩み?んなもん忘れます。

カレーは美味しいし安い。それも重要なのですが、なんといっても店内のパキスタン人が何を喋っているのか分からないあたりがいいんだと思います。
店内のメニューの文字は記号みたいで「読めないし!」と言っても誰も文句言いません。
料理の写真も逆さで壁に貼付けてあるのがまた脳に良さそうです。首を傾げて見ます。
で、店主は金縁眼鏡で堂々としていて愛想良く、斜視のコックもいい奴そうです。

そういえば、この前居合わせた日本人の男性は、店主に合羽橋の話なんかして得意げになりながら慈善的笑みを浮かべてて、正直気色悪さがあの店では際立ってしまってました。浮いてたなぁ。背筋がぞぞぞです。

カレー食べて、美味しい!って思ってまた同じ店に来て、目があったら「どもっ」てかんじで挨拶すれば、お互いお国の問題いろいろあってもそこではどうでもよくなる。
家族とか友達とか同僚とご飯食べて、パキスタンのテレビ番組とかドラマとかスポーツダンス歌を夢中で見て、共に一喜一憂してるのに混ざれる感じがいいんです。
「何言ってるかわっかんないけど、ウケるなー!オイオイオイ〜」
こんなんかんじが、いいんです。

慈善的笑み浮かべるタイミングないですよ。
[PR]
by tomomiyatsuda | 2011-12-02 20:48 | DAILY