tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Copyright Tomomi Yatsuda 2009-- All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.


by tomomiyatsuda
プロフィールを見る

立て続いておりますが、今度はイタリアはボローニャ、エンツォ王宮で開催されるアートブックフェア"FRUIT EXHIBITION"のEINSTEIN STUDIOブースにて「Dear HIROSHI」「NIKKA_Q」委託販売していただきます。

もちろん2冊ともART BOOK SHOCKとAMAZONでも絶賛販売中です!
どうぞ宜しくお願いします。





[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-12-05 14:11 | NEWS

万町ZINE 3DAYS IN WAKAYAMA 2014


万町ZINE 3DAYS IN WAKAYAMA2014」では全国から集められた約150冊ものZINEが展示されるそうで、その中に私の手づくりZINE [Dear HIROSHI] が仲間入りさせて頂けるそうです!
お近くの方は是非遊びに行ってみて下さい。

以下、FaceBookから転載させていただきます。

好きなモノを自由に表現して作る小冊子「ZINE(ジン)」が大好きなまち女子が「waccalla zine編集部」を結成。
自分たちのオリジナルZINEを作るとともに、全国のZINEを集めた展示イベントを企画しました。

全国で作られた約150冊のZINEを展示。
集めたZINEは地域の暮らしや街のこと、個人の趣味まで幅広く、普通の書店では買えない、地域限定・読者限定の、作り手の愛がこもったものばかりです。
インターネットで情報を簡単に集められる今この時に、「あえて紙モノ」にこだわって制作されたZINEを手に取り、読んで、魅力を存分にお楽しみください♪

■イベント概要
会期:12月14日(日)・20日(土)・21日(日)
時間:10時〜18時
会場:シェアキッチンPLUG
内容:全国各地のZINEの展示
   オリジナルZINE「waccalla」創刊&お披露目
   ZINEカフェ(限定ランチとカフェの提供あり)
   ZINE作りワークショップ
   トークイベント など
※12月17日〜19日はZINEの展示と閲覧のみ可

詳細は決まり次第更新していきます。
webページでもご覧ください!
特設サイトはこちら→http://zine.machi-girl.com/

作り手の愛がこもったZINEたちをどうぞゆっくり読みにお越しくださいね!





[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-12-01 21:58 | NEWS

お知らせです。

今月は2カ所のアートフェアに、EINSTEIN STUDIOブースにてZINE「Dear HIROSHI」「NKKA_Q」を委託販売していただきます。どうぞよろしくお願いします。



NEW CITY ART FAIR (台北)

日程:11月6日-11月9日

会場:松山文創園區

WEB : http://www.newcityartfair.com/


ART FAIR SAPPORO (札幌)

日程:11月22日-11月24日

会場:クロスホテル札幌

WEB : http://www.artsapporo.jp/fair/



b0167963_18521847.jpg
Dear HIROSHI

b0167963_18520543.jpg
NIKKA_Q








[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-11-02 19:01 | NEWS

事後報告になりますが、先月26-28日にニューヨークの「MOMA PS1」にて開催されたPrinted Matter,Inc.主催の[NY ART BOOK FAIR 2014]に、EINSTEIN STUDIOブースにて私も[Dear HIROSHI]出品して頂きました。
b0167963_20473479.jpg
↑写真は2006年に渡米した時のもの。廃校を利用した現代アートを中心に展示などされている施設。







[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-10-02 20:55 | NEWS

トーン


b0167963_23454914.jpg

夜中にブログを書くのは偏り気味でとても危険なのですが、ブログ更新停滞気味だったので書いてみようと思います。
最近の日常の報告としては、生活面で、今までに無い程の変化モリモリ盛り沢山な年となっています。
どんなけ今まで一般的な現実から離れて過ごして来たのかを、思い知らされているような。
20代ただただバイトと制作の繰り返しをしてきたリズムが、今はトーンと飛んでいて、また新たにリズムを刻みだすのをむずむず待っているような感じです。





[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-09-23 00:43 | DAILY

2014年6月18日– 21日スイスで開催されたART BASELと同時開催の「I Never Read, Art Book Fair Basel」のEINSTEIN STUDIOブースにて、去年作成したZINE「Dear HIROSHI 」を委託販売して頂きました。
I Never Read, Art Book Fair Basel
https://www.facebook.com/video.php?v=729623820407777&pnref=story

[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-06-21 12:13 | NEWS

見えないコミュニティ


b0167963_01002634.jpg

近隣にある注目されていた商業施設が器は立派なのだけど、中身がついていかずなかんじで、今非常にヤバい状況という噂を耳にした。
出来たての頃、すごくワクワクした。その分、がっかりが大きい。
「やっぱりな」という人がほとんど。でもそれも悲しい。私は「やっぱりな」とは言えない。

この片田舎に、トーキョーの価値観をただ移動しただけでは、うまくいかないという教訓なる実態。
私がトーキョーに住んでいた時にうっすら感じていた違和感。上辺感。これで本当にOKなのか?これが本当にカッコイイのか?これが本当に美味しいのか?今最も、なのか?言葉巧みにごまかされているような気さえする〜という世界。
それが、ここで起きていた。ということかもしれない。
それでも、トーキョーには本当のものも沢山存在しているし、自分のアンテナがしっかりしていれば素晴らしい人達と繋がりやすい。

噂とともに、そこはナルシシスティックな商業施設、という表現が見事言い当ててて笑ってしまったのだけど。
私の知る限りでも、地元カフェなど店主の顔がはっきりしているお店同士の横の繋がりはかなりある。
良いもの(人)は良い。それでだいたいどんな土地でも繋がっていく。
そして、この商業施設は核になる可能性を秘めていたけれど、車移動1時間圏内のこの見えないコミュニティには入る事ができなかったのだろうと思う。
いいとこどりだけで、基板をしっかり作らなかったのかもしれない。片田舎をなめるでない。

私がどうこう言えるような何かを成し遂げた人間ではないから、こんなことをいちいちブログに書くのもどうかと思う。でも、この間違いない「うっすらある違和感」というのは、こんなにも大きな事態を巻き起こすのかというショックから記録を。



[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-05-11 02:11 | DAILY

個展終了しました


b0167963_22185316.jpg
2014年3月2日で、ギャラリィ&カフェ山猫軒での個展「遠くのみずたまりⅡ」は終了しました。
記帳を見てびっくり、遠方からたくさんの方が観に来ていただいていたようで、本人不在で申し訳ありませんでした。
みなさんありがとうございました。
「深海住人シリーズ」「Dear HIROSHI」「遠くのみずたまりⅡ」の3つのシリーズを展示しました。Dear HIROSHI シリーズは2013年春に大阪此花で展示したものですが、他の作品は新作でした。
個展タイトルにもなっている作品「遠くのみずたまり」を描いて、このシリーズは描ききったと思いました。
日常が絵に落とし込まれていくのですが、その先にいかんとな〜、、と、もう1人の自分が後頭部で言っています。
b0167963_22165607.jpg
Dear HIROSHIシリーズ

b0167963_22174275.jpg
Dear HIROSHIシリーズ


b0167963_22194939.jpg
深海住人シリーズ



[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-03-09 22:49 | DAILY

b0167963_2124689.jpg
遠くの水たまり 96x156cm 手漉き紙・蜜蝋・オイルカラー



個展「遠くの水たまりⅡ」

2013.11.29 |金| – 2014.3.2 |日|
※2014年1月1日、2日はオープンします

場所 / ギャラリィ&カフェ 山猫軒
埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷137-5
[twitter]@yamaneko_ogose

日時 / 金・土・日・祝日 11:00am - 7:00pm
(※気まぐれで平日営業する時があるのでtwitterか電話でお問い合わせ下さい。)

入場無料 


[遠くの水たまりⅡ]

手漉き紙を支持体とし、蜜蝋を使って描きます。
2013年春此花メヂアでのグループ展へ出展した「Dear HIROSHI」シリーズと、
新作「深海住人」シリーズ・「遠くの水たまりⅡ」シリーズにて構成されます。

2011年の「遠くの水たまり」に引き続き、そのイメージはまだ言い切ることができません。
何度も繰り返し無意識で描いてしまう光景は一体何なのか。

冬、山猫軒のある森(山)は、雪が毎年、下界では積もっていなくても、少々積もります。
道はオーナーが管理してくださっているので多分大丈夫ですが、十分注意してお越し下さい。
電車での場合、最寄り駅から1時間に1本くらいのバスに乗り、近くのバス停で降りてもそこから2キロくらいの山道になります。
体力・気力共に心配な方は、駅前からタクシーをご利用ください。
この、山猫軒までの道のりも含め楽しんで頂けたらと思います。
山猫軒の猫の顔をした重い扉を開けると、薪ストーブで中はポカポカ天国です。

みなさんのお越しをお待ちしております!
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-03-02 21:07 | NEWS

[古楽コンサート] 2014.1.12
b0167963_17110814.jpg

▼ゆきことよしお ( 立川叔男&ツダユキコ )
b0167963_17105977.jpg
▼オープニングアクト
武 徹太郎 (馬喰町バンド)
b0167963_17112729.jpg
▼アンコール
ツダユキコ&武徹太郎
b0167963_17111664.jpg
--

沢山の方にご来場頂き、ありがとうございました!

高速事故渋滞に巻き込まれて、オープニングアクトの予定がエンディングアクト(?)になってしまった武さんも頑張ってくれました。
立川さんと初めて山猫軒でお会いしたのは2009年、それから立川さんは心臓の大手術を経てご本人の言う所の「どうにか生き返った」状態でまた山猫軒でのご縁が結べて、しかも別ルートでユキちゃんと繋がっていたというミラクルが普通に起きていたわけです。




[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-01-16 17:27 | DAILY