tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Copyright Tomomi Yatsuda 2009-- All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.


by tomomiyatsuda
プロフィールを見る

b0167963_21182122.jpg

再掲!【古楽コンサート】
中世~19世紀スベインの異邦人 ケルト、モーロ、ロマーノ、ユダヤの音楽を中心に、往時の様々な楽器と歌で演奏します。 

::古楽器  立川叔男 ( たちかわ よしお )
13歳よりギターを始める。スペインに留学、J.トマス、M.バルベラ両氏に師事。後にリュートをD.ミンキン氏に師事。ルネッサンスギター、オルファリオン、ギターラバテンテの日本初の再現演奏を行う。リュートによるバッハ無伴奏チェロ組曲全曲及び、無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲演奏を行う。(1993年制作「ド・ヴィゼ曲集」より)

::うた  ツダユキコ http://yukikotsuda.com/

::オープニングアクト 武 徹太郎
( 馬喰町バンド http://bakurochoband.com/ ) ←急遽決定!

▶日時 
2014.1.12sun / pm3:00〜(オープニングアクトはこの時間より前になります)
 
▶ 投げ銭制

▶場所 
山猫軒 ( 八ッ田智美 個展中 )

--

古楽器奏者の立川さんと、唄ったり音楽つくったりしているツダユキコちゃんに声をかけて頂き、急遽にわかライブが決定しました!


More
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-01-12 16:00 | NEWS

 【1月在廊予定】 
1/11(午後少々)
1/12(個展関連ライブ有り)
1/19(13時以降)
1/25(夕方少々)

訂正
19日は予定が出来てしまい向かえなくなってしまいました。すみません。

[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-01-08 21:45 | NEWS

2014 ご挨拶


b0167963_22373319.jpg
七草粥を食べました。2014年がはじまりました。
年賀状を皆さんありがとうございます。お返事明日には投函できそうです。
スロースタートごめんなさい。
こんな私ですが本年も宜しくお願い致します。

今年も個展を目論みつつ、淡々とパワフルであろうと思います。

余談ですが、昨年末は、すごく心に残る方の魂が急にあちらに行ってしまい、同じ日に大切な友達の元へ魂がこちらの世界にやってきました。
その日、私は普段櫛で髪をとかすことはほぼ無いのに、なんとなく目についたのでなんとなく髪をとかすと、ポキっと櫛が折れ妙な予感のある日でした。
特殊な能力は持ち合わせていませんが、新興宗教との関わりもありませんが、誰にでもどこにでもある巡り合わせが不思議でなりません。



[PR]
# by tomomiyatsuda | 2014-01-07 23:00 | DAILY

遂に明日から個展がはじまります。
会期が長いので、在廊予定は少しずつお知らせします。

【12月在廊予定】
12/1(日) , 15(日) , 21(土) , 28(土) 
(13時以降にはいると思います)

追記

変更 21日(土) → 22日(日)






[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-12-28 21:30 | NEWS

報告遅くなりましたが9月に行われた[THE TOKYO ART BOOK FAIR 2013 ]出品販売しました。
b0167963_22325588.jpg


[NIKKA_Q]
b0167963_2235925.jpg

b0167963_22351342.jpg

b0167963_22351724.jpg

b0167963_22352391.jpg


[Dear HIROSHI]
b0167963_22344099.jpg

b0167963_22344977.jpg

b0167963_2235796.jpg

b0167963_2235372.jpg


沢山の方にご購入頂きました。ありがとうございました!
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-12-12 22:46 | NEWS

ホームページ開設


ホームページ作りました。是非ご覧下さい。
(日常の事や、思った事、お知らせ用にブログはこのまま継続します。)


http://tmm8freem.wix.com/tmm8
b0167963_17363521.png

[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-12-07 21:24 | NEWS

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2013


THE TOKYO ART BOOK FAIR 2013の「ZINE'S MATEショップ」にて2冊委託販売させていただきます。もし行かれる方は、ちょっと気にかけて頂けると嬉しいです。

以下転載

[ THE TOKYO ART BOOK FAIR 2013 ]

この秋、アジア最大のアートブックフェア、THE TOKYO ART BOOK FAIRは第5 回目を迎えます。今年は15以上の国からアート系出版社、ギャラリー、書店、ジンメイカーやアーティストなどが約300組が一堂に会します。過去最大規模となる本フェアをお見逃しなく!

会期:
9 月21 日 (土) 15:00-21:00 レセプションパーティー(どなたでもご来場頂けます)
9 月22 日 (日) 12:00-20:00
9 月23 日 (月・祝) 11:00-19:00
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
東京都港区北青山1-7-15
http://zinesmate.org/lang/jp/the-tokyo-art-book-fair
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-09-17 21:48 | NEWS

2013年11月29日からの約3ヶ月間、埼玉県越生町の山の森の中にある「山猫軒」にて開催される個展の作品制作をしている。
毎回私なりの実験をするのが個展の楽しみでもあり苦しみでもある。

一昨日くらいから、展示会のタイトルも決めたいし、頭の整理も兼ねて簡単な言葉にしようと頑張ってみるのだけれど、絵は言葉の先にいるので、やっぱりぴたりと当てはめるのが難しい。
しかも、一般論風の優等生風の鬱風で語彙不足の、非常にややこしくてつまらない言葉になってしまう。もっと、自分の経験等からきているはずなので、何故自分なりの素直な言葉が出てこないのかとヤキモキする。サバっとしてピッカーンてのがあるはずなのだけど。
そして毎回言葉にしてその時はそうだと思っていても、しばらくたって読み返すと、他の人これ読んでも多分伝わってないな、と悔しい思いもする。

私はデザイン科に居たので(結果的に商業用デザインの為のコンセプト作り等についていけなくなったし、絵の方が面白くなってしまった)、大学入学用のデッサン程度は予備校で学んだけれど、その他どこかで絵を習ってきた訳ではなく、つまり先生というのはいない上に、絵を描いている友人も少ない、そして相談できる程の近寄り方をだいたいしていない。と、愚痴っぽくなってみたり。(本当は相談相手が欲しいの裏返しだったりもする)
仕方ないので気分転換に図書館に行き本を読んで、自分の中に潜んでいた考えを導きだす。
実はさっきちょっと「はっ」とする言葉が出てきた。これが活きるかは、まだ分からないけれど。

普段私は声が小さいので、口から牛乳をでら〜とこぼしたくらいの範囲にまとわりつく程度の声帯と空気の使い方なのだけど、今朝はこみ上げて「あー!」と声がまっすぐ飛んでいくような体の使い方をした。
基本的に発狂するのは絵の中だけでいいと思っているのだけど、声にするのも気持ちがいいもんだ。
そもそもなぜ発狂するのかというと、自分の考えがあるくせに世の中にうまく活かせないし言葉にもできず、惨めだったり虚しい思いをしたのが溜まっていたりするのかもと思う。(もちろん、いつも発狂したようなのを描いているわけではない。)
そうそう謎が残る過去のちょっとした出来事とかも、血と一緒に今もドクドク流れているしね。
なにはともあれ、作品制作に一番力入れないと最も惨めな事になる!
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-09-06 17:15 | DAILY

旅行 山陰


砂丘見たくて鳥取砂丘へ。
b0167963_11325878.jpg
やっぱりこういう何も無くて広い所は好きです。
砂は猛烈熱くて、しかも歩いても歩いても前に進んでいないような空しい感じ。
海の見える丘に辿り着くとご褒美のような涼しい海風。
帰り道は行き以上に辛かった。

そして三徳山三佛寺。
b0167963_11315577.jpg

投入堂まで辿り着くか不安もありつつ、崖っぷちに建つお堂見たさに。
山登り経験の少ない私には、はじめのお堂までがちょっと大変で、しかも蚊が大量で刺されると痛い中、鎖で岩場ですか、何もなしに崖っぷちですか、どこがどうなってるんですか、これも修行ですか、と自分に言い聞かせながら黙々と上って辿り着いた時は結構あっさりで。
しかしながら、足元不確かな岩場から眺める、岸壁にどうやって建てたのか謎なこのお堂には、手を合わさずにはいられないものがありました。下山してからの達成感は何よりも良い旅の思い出に。
ちなみに靴は農作業用足袋が快適でした。
b0167963_11302649.jpg

[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-08-23 12:03 | DAILY

山猫軒を介して特別な存在だった劇人形作家であり美術家の片岡昌さんが、先月末お亡くなりになっていたことを、今更ながら知りました。
片岡さんの山猫軒での「埋もれし時」展と伊豆での回顧展を観に行った時に受けた衝撃と、肩を押される感はずっと忘れません。
それから山猫軒でお会いした時の、ひっそりとした立ち姿と、白髪に少年のような瞳、淡々と戦時中の記憶を話され、心を開いてからの「ひゃっひゃっひゃ」と楽しそうに笑う声も忘れません。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2013-08-07 11:16 | DAILY