tmm8 tmm8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Copyright Tomomi Yatsuda 2009-- All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.


by tomomiyatsuda
プロフィールを見る

ZINE LIBRARY part2


NO.12 GALLERY(@東京都渋谷区上原)にて、明日21日までやっている[ZINE LIBRARY part2]に、昨日からの3日間だけこっそり参加させてもらっています。

壁にZINEをクリップでぶら下げ張り巡らされていて、面白い展示です。(展示写真)
そこで一通り見終わると頭が柔らかくなっています。へにゃへにゃ〜。
そして、やる気が出てきます。もりもり〜。
へにゃもりです。

私の2冊は、ギャラリーのコーナーに木箱があるので、その中に入っていると思うのですが、もし行けた方はそこもあさってみてください。

どうぞ宜しく。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-04-20 21:11 | NEWS

へそ曲がりですが


b0167963_19264251.jpg

カフェトホへ カップに絵を描きに身一つ行ってきました。(要は準備を全部任せてしまったわけです。カフェトホ謝謝)

集中力切れて休憩した時、カフェトホ看板娘ももかちゃんが描いたカップでドリンクを頂いたら、もちろん美味しいってのもあるのですが、なんとも贅沢な気分でした。

描いてる時は、自分が納得できるものをって集中するのですが、結果的にどこかの誰かが同じように 贅沢気分を味わってくれたら、素直に嬉しいです。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-04-15 19:26 | DAILY

丸木美術館


昨年くらいから、[原爆の図]の連作で有名な丸木夫妻との縁を感じていて、やっと丸木美術館に行く事ができました。
奥さん俊(とし)さんの企画展が開催されていたのですが、俊さんの絵にはかわいらしさと厳しさがあるように感じました。「やまんばマリア」なんていうタイトルの作品があるように。
なんだか、親近感を持ちつつ、いろいろ学びつつ、感嘆のため息つきつつ。

作品を見終わり、夫妻がアトリエとして使っていた部屋が休憩室になっているようだったので、おそるおそる覗いてみることにしました。
「靴を脱いでおあがり下さい。」 小さい靴が二足、先客がいるな。ふふ。
古い木の階段をあがっていくと、20畳くらいの畳の広い部屋。
外が桜でほんわりうすピンク色の窓際の長机で、3歳くらいと5歳くらいの兄弟がもくもくと絵を描いていました。
薄暗く、し〜ん、、とした中、たまに、二人のひそひそ声。
b0167963_2110574.jpg

もちろん私も無言で参加させてもらい、無言でというのは、つまり、ここで私がぺらぺら話しかけたら、せっかく絵描きの空気を放っていた彼らを、ただの子供に戻してしまうのではないかという恐れがあったので、声をかけてはいけない、と。
そして、心が落ち着くこの部屋で、紙とクレヨンを目の前にしたら、私もお喋りどころじゃないってのも正直あったわけですが。

描き終わってから、ぽつり、ぽつり、話をして、バイバイも言わずに我々は解散しました。

子供がバイバイを言わずに去っていくのとか意外と好き。

原爆、南京虐殺、戦争のおっきな絵が常設され、やたらと冷えるこの美術館だからこそ、温かいものはより温かく感じました。
b0167963_21102488.jpg

追記:南京虐殺については疑問点もありますが、戦争の悲惨さは伝わってきます。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-04-10 21:15 | DAILY

春ということで


ブログスキン模様替えしました。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-04-09 10:35 | NEWS

ひそかな楽しみ


巨大な交通安全啓発ドール。
その時々の旬ネタの人形が寄居警察署前の交差点に登場。(寄居町商工会HPより)
ラッキーなことに設置しているところに通りかかる事が出来ました。
首が吊られている滑稽な姿に、なんなんでしょう、テンションがあがりました。(変態ではありません。)
b0167963_21223213.jpg

毎回かなりいけてる巨大ドールなので、よそ見せずにはいられません。
今は坂本龍馬ドールを真正面から見ては、にやけております。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-04-07 21:28 | DAILY

dance about in the wind 2


Joshua Tree
b0167963_9195439.jpg
b0167963_920245.jpg
b0167963_9203998.jpg


「砂漠を見たい」
アメリカっぽい砂漠を見たかった。
平地にはジョシュアツリーがポツポツと、人と人との距離をあらわすかのように点々と、向こうの向こうまで、変なポーズして立っているように見えた。

標高1500mの砂漠は強風の極寒で、山脈が国境で、メキシコの海が遠くに見えた。

元々地面の下にあったという固い岩だけが長い年月かけて残り、何十メートルと高いお山のような岩としてそびえる。人はそれに登って遊ぶ。つがいのカラスは、てっぺんでイチャイチャしていた。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-03-29 08:17 | DAILY

TOMOMI8


2010.3.12
--
Ms.M's room:Cupertino,CA USA
--
Exhibition Party/Painting 2.26.2010---3.12.2010


b0167963_2012320.jpg
b0167963_20122583.jpg
b0167963_20272524.jpg
b0167963_20124849.jpg
b0167963_20131333.jpg

b0167963_184485.jpg

b0167963_20133884.jpg

b0167963_18422192.jpg

b0167963_20135710.jpg


b0167963_18431593.jpg

b0167963_18433687.jpg

&c.
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-03-24 20:27 | PAST SHOW

dance about in the wind


Big Sur Coast
b0167963_2031972.jpg
b0167963_20312865.jpg


少し前に帰国したのですが、上の写真は旅のほんの一部です。
クジラが沖の方で泳いでいるのが見えました。
はっきり見えたわけではないのだけど、そいつは相当大きいのは分かるし、でも海はもっともっと果てしなく大きいわけで。
自然が凄すぎて、気づいたら涙流して土下座して「へへ〜。へへ〜。」と太陽を仰いでしまうのではないか、というくらいに。イン アメリカ。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-03-20 20:46 | DAILY

旅行中にて


只今、米国サンフランシスコ、サンノゼ近辺クパティーノに滞在しています。
雨が降ったり止んだり暑くなったり寒くなったり。めまぐるしいなりに過ごしやすい気温です。
到着してから、お陰さまで濃い日々を過ごさせてもらっています。

地形、気候、雰囲気、動物、人々、言葉、ルール、慣れ、宗教、エンターテイメント、過去歴史、云々。

「どひゃー!(驚」というものしっかり脳に溶け込ませて、比較して削ぎ落として、残るものはなんでしょな。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-03-04 13:26 | DAILY

和紙


b0167963_20192243.jpg

梅の花が咲きはじめました。しっかり春は近づいているようです。

埼玉県小川町伝統工芸会館で和紙の展示をしていて、なかなか面白い内容でした。
和紙と戦争が、密接な関係だったとは知りませんでした。
湿気を吸いとってくれる紙は弾丸とかの火薬が湿気らないように包むのに重宝したり、風船爆弾というものの気球に紙が使われたり、兵士に配給されるパンの包み紙だったり、これら主に小川町の紙が使われていたそうです。
そして、私も好きな茶紙(クラフト紙)は、紙の原料不足に困っていたところ、アメリカ軍が棄てていった段ボールを再利用して作られはじめたそうな。
戦争はもう二度としてはいけないけれど、紙にはいろんな可能性があるんだなぁと驚きました。

それから、いろんな事を手書きで記した昔の資料をめくる時、今にも破けそうで、そ~っと そ~っと丁寧に扱う時のこの気持ちと、そのへにゃへにゃなくらい薄く漉かれた和紙の手触りは、なんか分からんけど日本人でよかったー!という妙な満足感を味わいます。

ちなみに、日本人でよかったー!とか言いながら、納豆漬物が私は非常に苦手です。
[PR]
# by tomomiyatsuda | 2010-02-14 20:19 | DAILY